SFAでは1回の入力時間は1分程度

たくさんの電子メールを受ける人はその応対に非常に時間をかけるとのことです。メールをそれぞれ読み、それに対して適切に返事をしていく必要があります。午前中はそれで仕事が終わるとのことです。会社の経営者などではあるのかもしれません。一般の会社員であれば午前中いっぱい仕事がかかるような場合かなりロスが大きくなるでしょう。SFAにおいて1回の入力時間としてはどれくらいのものがいいのでしょうか。目安として表示されていたのが1分とのことです。出先などで訪問が終わった後1分ほど画面を開いて入力をします。帰ってきてからパソコンで入力するときも1分ほど調整の入力をする程度です。毎朝来て行うのは今日のスケジュールですからこれも1分ほどで終えることができるでしょう。入力や閲覧の時間が短ければそれだけ別の業務に割くことができるようになります。

SFAを販売するだけの会社がある

各社の営業担当者は商品を販売するためにそれぞれの会社に訪問をされます。そして商談を行い、最終的に導入してもらうように話を進めます。商品によっては販売してそれで終わりのものもあるでしょう。材料を仕入れて加工をするような場合です。一方でそれを使って何かをしようとするなら、その使い方を教えてくれないといけません。SFAにおいて、ある会社が売り込みをしてきました。売り上げが上がる、効率がアップするといいことをどんどん言われるのでそれを使用して導入を決めました。いざ導入しああとは後は勝手に使ってくださいと言われてしまいました。結局使えなくなったのです。コンピュータシステムなどは販売されただけでは使いこなすことはできません。どのように使えば効果的に使えるのかを知る必要があるのです。それを販売会社が教えてくれないといけません。

SFAでは同業他社の導入実績を見てみる

会社においては同業他社、競合他社がいます。全く同じでなくても同じようなビジネスをしていることが多いとされます。同じようなビジネスですから、仕入れをしたり、販売、開発をしたりといったところもよく似ていますし、販売先も似ていることになります。だからこそ競合するのでしょう。その会社が業績が良くなっているとすれば気になるところです。SFAの導入を考えるとき、同業他社や競合会社などが利用しているかを見てみましょう。大手から中小企業まであるでしょう。できれば規模が同じような会社がいいでしょう。そういった会社が導入をして成功をしているのであれば自分たちの会社においても成功できる可能性が出てきます。全く同じ会社はありませんから確実に成功できるかどうかはわかりませんが、より確実性の高い成功実績になるでしょう。その会社の事例などを見せててもらいましょう。

ネクストSFAは見込案件をどのタイミングでどういう風にアプローチするべきか教えてくれる画期的なツールです。 ネクストSFAは属人的な部分に頼っていた今までの営業プロセスを可視化し、営業の効率を向上させます。 チームの営業マンが一日何をしていたか把握していますか。もし知らないようであればSFAを導入する理由になります。 SFAで営業行動を管理するならネクストSFA